FX
ゲーム専門わんわんお! YSMenu導入~R4の場合~









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

YSMenu導入~R4の場合~

YSMenu.png
今回はとてもマジコンを使いやすくするカーネルYSMenuのR4の場合の導入方法の紹介です。
まずはここからYSMenuをダウンロードして解凍してください。
Yasu software
次にDSTTのカーネルを用意します。
このとき使うマジコンがR4などDSTT以外の時は、
Unofficial DSTT Kernelを使うようにしましょう。
そうでないと公式のFakeKiller?が発動して、マジコンが動かなくなってしまいます。
といっても公式カーネルは現在更新されていないので
いやでもない限りUnofficial DSTT Kernelをつかうことになると思います。
Unofficial DSTT Kernel_v117a13_rev35(JAP)
とここまではDSTTと変わりません。
ですがR4用にするためには、r4tf.dldi、r4crypt.exe、GUI.batがそれぞれ必要です。
これらのファイルは次のリンクからダウンロードできます。
r4tf.dldi
r4crypt
GUI.bat
そしたら次のように配置しましょう。
YS配置3
次にttextract.exeを起動します。
YScmdr4.png
Unofficial DSTT KernelのTTMENUフォルダとTTMENU.DATを使っている場合だと
上のようになると思います。
するとr4dldi.datが0バイトになっていると思います。
r4dldi.png
この場合はデータが入っていないためまったく役目を果たしていません。
このときR4patch.datは正常なのでYSMENUフォルダを新規につくり
その中に入れておきましょう。
次にr4dldi.datを正常に作るためにDSTT公式のサイトから
公式のカーネルをダウンロードして同じ作業をします。
ttmenu_jp
作業後正常なr4dldi.datが作られていると思います。
r4dldi1.png
それをさっき作ったYSMENUフォルダに入れます。
YSMenu.iniも入れましょう。
次にいったんTTMENU.DATを移動してYSMenu.ndsを
TTMENU.DATにリネームします。
そしたらYSMENUフォルダとTTMENUフォルダとリネームしたTTMENU.DATを
microSDのルート直下におきます。
YS配置2
最終的な配置はこんな感じです。

おつかれさまでした。

[ 2010/09/28 00:07 ] DSカーネル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wanwanogame.blog101.fc2.com/tb.php/30-0dd825f9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。